Posted by admin

太陽光発電は売電による収益が期待できるため、設置費用が高くても長期的に見ると初期費用を回収できる家庭がほとんどです。
しかし、中には発電量が少ないため売電量が少なく、収益がほとんど無いという家庭もあります。
太陽光発電の難しいのは、住宅環境の違いによって発電量に大きな違いが出ることがあるという点です。
二件並んだ住宅で同じメーカーの同じ太陽光発電システムを同じだけ設置したとしても、発電量にけっこうな差が生じることがあります。
発電量に差が生じる理由の一つが「周囲の住宅環境」です。

一般的に太陽光発電は南向きの屋根に設置することで発電量が大きくなりますが、新潟などの都市部では住宅の南側に高いビルやマンションが建っていることがよくあります。
こういった状況では日照時間が大幅に少なくなってしまうため、発電量にも大きな影響が出ます。
また、現在は建っていなくても、将来的に建築予定がある場合には発電量が減少してしまう可能性があります。
家庭によっては、太陽光発電でつくった電気を売電することで得られる収益を初期費用の返済に充てているというところもあるでしょう。
そいうった家庭では返済計画の変更を余儀なくされることもあるでしょう。
また、古い住宅(特に建築基準法の改定前に建てられたもの)では太陽光発電を設置するために十分な強度がないことがあります。
強度が足りない屋根に数百キロある太陽電池パネルを設置することで地震の影響を強く受けることになりますし、もしも落下してしまったら、大きな事故につながる危険性もあります。
新潟のような雪の多い地方では太陽電池パネルの重量に雪の重みも加わることがあるので、特に注意が必要でしょう。
このように、住宅によっては太陽光発電に不向きな場合があるのも事実ですが、設置できない住宅というのはまずありません。
最近では変換効率の良い太陽電池パネルも開発されているので、例え条件が悪くてもある程度の発電量は確保できるようになっています。
興味のある人は業者に相談してみると良いでしょう。