Posted by admin

太陽光発電で大切なのは、なんといっても日当たりでしょう。
日本海側に比べると太平洋側の方が日当たりがよく、太陽光発電には適していると言われます。
また、場所によって日照時間にも差があることから、自分が住んでいる地域が太陽光発電に適しているかを調べることから、失敗を回避する太陽光発電設置が始まるのではないでしょうか。

ちなみに私の住む京都は、北部は雪が多く、日本海側に面しているため、あまり適しているとは言えません。
そのためか、京都府として太陽光発電設置に補助金を出していないことから、北部での設置はなかなか進まないでしょう。
反面、市内に住んでいる場合、京都市からは設置に対して補助金が出ますから、ある程度太陽光発電に適した家や建物があると判断されていると言えそうです。
我が家は通りに面して建っていることと、向かいが2階建てなのに対し、我が家は3階建てであることから、南向きの屋根にソーラーパネルを設置すれば、それなりに太陽光発電ができると思われます。
確かに日照時間が長いところに比べれば、京都はあまり日照時間が長くないことから、不利といえば不利ですが、それでも太陽光を集めて発電できる環境は、それぞれの家や建物によっても大きく変わってくると思います。
さしずめ我が家なら、南に面した部屋は昼間、電気を点けなくても十分明るいので、太陽光発電も失敗せずに稼働させていけるのではないかと思います。
そう考えると、失敗のリスクをとことん減らしていき、設置できたらと思うのでした。