Posted by admin

新潟市にお住まいの方で発電所のすぐ近くに住んでいるという方はほとんどおられないでしょう。
基本的に発電所はあまり人の住んでいない郊外や工業団地に立地しています。
火力発電所の排出する煤煙は日本の法律基準に沿って浄化処理されていますが住宅地の中心部で排出できるレベルではないからです。
原子力発電所が人里離れたところに立地している理由については、あえて記すまでもなくご存知の事でしょう。
住宅地から離れたところに立地する発電所が発電する電気はかなりの距離を電線により運ばれて住宅一軒一軒に届きます。
電気が長距離を電線により運ばれる時に、実はかなりの電気が送電ロスにより消滅しています。
住宅用太陽光発電システムは自宅に設置しますから、発電した電気を送電により失うことがないというのは、太陽光発電システムが持つ大きなメリットといえるでしょう。
新潟市で住宅用太陽光発電システムの設置を検討中の方は、エネルギーの有効活用という側面も考慮に入れられるようおすすめします。