Posted by admin

日本人のエコ意識というのはなかなか高いものだと認識していますが、
その証拠に今、多くの住宅の屋根部分に、太陽光発電のパネルのついた
お宅をよくみかけます。
太陽光発電は、国や東京都、そして各自治体が補助金などをだしてくれていますが、
決して「安い」というものではありません。
しかし、長い目でみたら、ご家庭で使う分の電力以外に、
余った分は、売電として、電力会社に買い取ってもらう事ができます。
また太陽光発電ならば、何か大きな災害などで、電力の供給が止まってしまった時、
すくなくとも自家発電で何とか賄えますし、太陽はいつも曇っていても、じつは
でているわけなので、このエネルギーは利用しない手はないと思います。
地球にやさしく、更に国などから補助金がでるし、
やがては余剰電気を売る事ができる、となると、
あまり損はありません。
それになによりも、自分の中で、エコロジーに対する意識が高まっていくし、
自宅の屋根をみるたびに、「地球にやさしいぞ」と思い出させてくれます。