Posted by admin

新潟県では、環境問題に対応するために、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの利用や、二酸化炭素の排出量を削減する取り組みを行っています。
そこで、新潟県は昭和シェル石油株式会社と共同で、平成22年に新潟雪国型メガソーラー発電所という大規模な太陽光発電所を建設しました。
太陽光発電は、発電時に二酸化炭素を排出しないので、二酸化炭素の排出量削減に寄与し、さらに地球温暖化の防止に役立ちます。
そして、太陽光は石炭などの有限の資源とは異なり無限にあるエネルギーなので、環境にも優しい発電だといえます。
ただ、原子力発電所と比べると、発電量が低くなってしまうのですが安全性については問題ありません。
そこで、新潟県では、新潟雪国型メガソーラー発電所だけでなく、新たな大規模太陽光発電所の建設計画を進めるために電力事業を行う企業に対して県有地の売却や貸し付けをしています。
このように、県自体が環境について積極的な姿勢をみせることで、住民の環境への関心も深まっていき節電やエコ活動も広めることができます。